クレジットカード現金化は何のため?現金化する理由や目的

クレジットカード現金化は何のため?現金化する理由や目的

クレジットカード現金化って言葉は聞くけれども、「何のために利用するサービスなの?」「わざわざクレカ現金化をする理由は?」といった疑問を抱いている人もいらっしゃることでしょう。

ここでは、クレジットカード現金化は何のためにするのか、カード現金化する理由について調査しました。

クレジットカードの買い物枠を現金化した人たちに理由を聞いてみた

それでは、実際にクレジットカード現金化を利用した経験のある人から、何のためにクレカ現金化を選択したのか理由を聞いていきましょう!

現金化する理由①:最も多いのはギャンブル

パチンコにハマり貯金すべてを使いはたし、どこからも借りれず最終手段としてクレジットカードを現金化しました。

借金を返すためにはパチンコで稼いだほうが手っ取り早いという考えから、どうにか現金を集めようにもギャンブルのためにお金を貸してくれる友達はいません。そこでカードのショッピング枠を現金化しました。

このひとのように、クレジットカード現金化する人の理由で最も多いのはギャンブルに使うため、もしくはギャンブルでできた借金を返すために現金化しています。

返済能力があれば問題ないかもしれませんが、現金化したお金で負けてしまったらさらに借金が膨らんでしまいます。

現金化する理由②:彼女に見栄をはるために現金化

大学生のAさんはお金がないと人に思われることが嫌で、彼女とデートをすることになったある日、バイトの給料日前であまり現金の持ち合わせがないことに気がつきました。

もし現金払いしかできないお店に行って、彼女に立て替えてもらうことになったら恥ずかしくて耐えられない…。

Aさんのクレカにはキャッシング枠がなかったので、ショッピング枠の現金化を利用することにしました。

しかし、年々強化されているカード会社の監視システムに引っ掛かり、現金化を申し込んだことがバレてしまいました。規約違反行為のため、Aさんはクレカの利用停止と同時に、リボ払いの一括返済を要求されてしまいます。

当然一括返済なんてできるはずのないAさん。恥を忍んで親からお金を借り、事なきを得ましたが、おかげで大学生にもなってバイト代を親に管理されてしまうことに…。

しかも、クレカは強制退会させられてしまい、新たにカードを作ることも今後ローンを組むことも絶望的…。将来への不安とカツカツ生活の苦しさを抱えながら暮らしています。

現金化する理由③:個人事業主のBさん、資金調達のために現金化

突発的なトラブルのため、その月の収入が大幅に減ってしまったBさん。翌月以降の収入なら無理なく返済できるだろうと、キャッシングに加えてショッピング枠現金化で資金調達をしました。

ところが、業界全体の冷え込みやBさん自身の体調不良など、度重なる不運によって翌月以降も収入は元に戻らず…。必ず返せるようになることを信じて、キャッシングや現金化を繰り返してその月の返済をするという、典型的なカード地獄に陥ってしまいました。

最終的には返済ができなくなってしまい、裁判所の通告でBさんの財産は差し押さえられてしまうことに…。見通しが甘すぎた結果、自己破産にまで追い込まれてしまいました。

現金化する理由④:緊急時にまとまった現金が必要になり現金化

Cさんの旦那さんは一般的なサラリーマンでしたが、ある日巻き込まれ事故で大ケガを負ってしまい、緊急入院することになりました。

搬送先の病院で入院保証金が必要となりましたが、すぐに保険が降りるわけもなく、Cさんの家にはまとまった現金がなく…。Cさんは抵抗を感じながらも仕方なしに、クレカ現金化で入院保証金や当面の生活費を調達しました。

危機的状況を乗り切った後、保険も無事降りたうえに事故を起こした人から慰謝料ももらい、翌月の支払いですべて返済することができました。

藁をも掴む気持ちで現金化を利用したCさん。おかげで大事なものを売ったり人からお金を借りたりせずに済んだと、非常に感謝しているようです。

現金化する理由⑤:お祝いごとが重なり現金が必要になったため現金化

知人・友人の結婚ラッシュで、その月だけでも3件の結婚式に呼ばれていたDさん。

しかしご祝儀を包むことをすっかり忘れたまま、直前に旅行で散財してしまったことに気づいて真っ青…。現金がなければどうにもならないので、キャッシング枠に加えてカード現金化でどうにか補填することにしました。

おかげでご祝儀をケチることなく、キレイに着飾った姿で幸せな結婚式に参加できたDさん。その返済のために当分ギリギリの倹約生活をすることになってしまいましたが、現金化のおかげでせっかくのお祝いごとを台無しにせずに済んでよかったと、ホッとしたそうです。

その他にも

「どうしても欲しいものがあって生活費を使い込んでしまったのですが、家族には絶対バレたくなくてカード現金化を利用しました。カードの明細を見てもわからないし、おかげで隠し通せました!」
「いつもはクレカのキャッシングを利用しているのですが、限度額を越えてしまい困っていた時に、ショッピング枠で使えるクレカ現金化を利用しています。返済先はカード会社なので、一本化できて助かります。」
「まとまった現金が急に必要になり、でも消費者金融を利用するのは後に引きずりそうで怖いなっていうのと、それでブラックリストに登録されたくないっていうので現金化業者のお世話になりました。」
「前までは売れるものを分割払いで買って、メルカリで転売することでセルフ現金化していました。しかし現金化業者なら、在庫を抱えるリスクもなく安定した換金率で現金化できるので、断然こっちの方がいいですね。」

クレジットカード現金化は、急ぎで現金が必要になった人が利用するサービスですので、急いで現金が必要になったシチュエーションで仕方なく利用している人がほとんど。突然現金が必要になることは誰しもあり得ることですよね。

  • 急な葬儀やお祝いごとが決まり急に現金が必要になった
  • トラブルが発生して慰謝料や迷惑料を払うはめになった
  • 留学やビザ取得のために今の手持ちより上乗せした銀行残高証明が要る
  • 飲み会やパーティーに参加することになったのに持ち合わせがない

こんな時に、確かにクレジットカード現金化は便利です。

クレジットカード現金化するにあたって業者を使った理由とは

そんな時になぜ「クレジットカード現金化」というサービスを選択するのかということについて、次で詳しく掘り下げていきましょう。

①キャッシング枠以上にお金を借りたい

通常、クレジットカードを利用して現金を調達したいのであれば、クレカに備わっている「キャッシング」というサービスを利用することができます。

しかしその枠には上限があり、お買い物や公共料金の支払いで使える上限よりずっと少ないです。

したがって、キャッシング枠だけでは間に合わないという人が、クレカ現金化に踏み切ることになります。

②借入記録は残したくないから

キャッシングを利用すると、イコール信用情報に傷がつくということにはなりませんが、キャッシング履歴として記録は残ります。キャッシングを頻繁に繰り返せばブラック扱いにされてしまうという説もアリ。

他にも、早急に現金を調達したいのなら消費者金融や銀行からの借り入れといった選択肢もありますが、それは確実に信用情報に記録され、各金融機関の間で共有されてしまいます。

それに抵抗がある・信用情報は極力クリーンにしておきたいという人が、記録の残らないクレカ現金化を選ぶんですね。

③深夜でも振り込んでもらえる

クレカ現金化は24時間年中無休で対応している業者も多く、深夜でもすぐに振り込みをしてくれるところもあります。

友人や家族に頼めるような時間帯ではない時、急遽現金が必要となった場合に大変ありがたいですね。

④手間がかからないから(審査不要)

銀行や消費者金融などの融資は審査があることが多いです。その手続きが面倒だという場合、審査結果を待つ余裕がないという場合、あるいは審査に通る自信がない場合には、クレカ現金化のこの側面がかなりの強みとなります。

現金化業者は金融機関ではないので、信用情報の心配が一切不要というのは安心できます!

絶対に家族バレを避けたいという人にとってもありがたいシステムですよね。あちこちでお金を借りるよりも、キャッシング枠と併せてカード会社への返済でまとめた方がわかりやすくていいというのも納得できる意見です。

クレジットカード現金化のやり方!仕組みを解説

 

クレジットカード現金化は何のため?のまとめ

クレジットカード現金化は何のために利用するのかというと、人によって理由や事情は様々。

とにかく借り入れを人に知られたくない、すぐに対応してほしい、少しでも多くの現金を調達したいという利用者から特に重宝されているみたいですね。

キャッシングより金利は高いかもしれませんが、事情によってはそれだけ支払う価値のあるサービスです。今すぐに利用する予定はなくても、「困った時にはこういう手段もある!」という選択肢として、ぜひ頭に入れておいてください。

  • この記事を書いた人
高橋 直樹

高橋 直樹

43歳の元ギャンブラー。お金に困った時に役立つ情報をブログで配信!今月ピンチな場面で役立つクレジットカード現金化について詳しく解説!様々な現金化業者を実際に利用し、忖度なしで辛口で評価!利用者目線で業者選びに役立つコンテンツを意識して記事を執筆しています。

-初めての現金化マニュアル

高還元率の優良店
【公式】アーク(Arrk)
24時間365日対応!※クレジットカード以外はご使用できません