クレジットカード現金化をして後悔する人ってどんな人?特徴と対処法

クレジットカード現金化して後悔するパターンと対処法

クレジットカード現金化は便利な手段ではありますが、中にはクレジットカード現金化をしたことを後悔している人もいます。

この記事では、クレジットカード現金化を後悔する具体的な理由や対処法について詳しく説明します。

クレジットカード現金化して後悔する人とは

現金化業者が提示している換金率を鵜吞みにする人

クレジットカード現金化業者のサイトでは、高い換金率が記載されていることが多いです。

しかし、記載されている換金率からは手数料が引かれ実際にはかなり低くなることがよくあります。

高い金額で現金化できると思ったのに、振込金額かかなり安く、これなら現金化をしなければよかった…と後悔するパターンも少なくありません。

カード会社に疑われてカードが利用停止になる人

クレジットカードを現金化目的で利用することは、カード会社の規約で禁止されています。

大抵のクレジットカード現金化業者ではトラブルを防ぐ対策を行っているため、カード会社の調査が入ることはまずありませんが、信頼性・安全性の低い現金化業者を利用すると、カード会社にバレてしまう可能性があります。

違反行為とみなされた場合にはクレジットカードが利用停止になってしまいます。

クレジットカード現金化を疑われた時の対処法3選を見る

クレジットカード現金化をしたことを家族にバレる人

クレジットカード現金化には良い印象を持たない人も多く、家族には内緒で行いたいと考える人がほとんどです。

しかし、一般的なキャッシュバック方式を採用しているクレジットカード現金化業者を利用した場合、後日購入した商品が自宅に届き、受け取る必要があります。

その際に家族が商品を受け取り、不審に思われてバレてしまうことがあります。

悪質な現金化業者に騙されてしまった人

クレジットカード現金化業者は数多くあり、優良な業者がほとんどですが、中には悪質な詐欺行為を行う業者もあります。

うっかりそのような業者を利用してしまうと、換金率が異常なほど低かったり、いつまでも振込をしてもらえないなどの被害を被ることがあります。

また、突然クレジットカードが使えなくなるというトラブルもあります。

なので、初心者はとくに安全にクレジットカード現金化できる優良店から選ぶことをおすすめします。

後々返済ができなくなった人

クレジットカード現金化は、ショッピング枠の範囲内でできるため、便利だからとついつい繰り返してしまうことがあります。

しかし、現金化で購入した商品の代金は通常のショッピングと同様に後日必ず請求が来ます。

返済できないほど利用を繰り返してしまい、大ピンチに陥るというパターンもあるので、給料日が来たら必ず返済用のお金を口座に入れておく必要があります。

信用情報に傷を残してしまった人

ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化は、クレジットカードの通常の利用と同じ要領で行うため、普通は信用情報に傷がつくことはありません。

しかし、安全性の低い現金化業者や悪質な業者を利用した場合、思いがけず信用情報に傷を残してしまうリスクがあります。

また、クレジットカードの請求が高額になりすぎて返済が滞ると、信用情報に傷がついてしまいます。

債務整理ができなくなった人

クレジットカード会社に対する返済が難しくなった場合、債務整理という手段があります。

しかし、その交渉相手となる会社のクレジットカードで現金化を行っていた場合、利用規約に違反していたことになるため交渉を行うことがかなり難しくなります。

債務整理で解決できたはずの問題が、クレジットカード現金化をしていたことでどうにもできなくなるケースもあるのです。

クレジットカード現金化で失敗する人の特徴!原因と対策

クレジットカード現金化で後悔しないための対処法

クレジットカード現金化を行ったことにより後悔するケースはさまざまです。

そのような結果にならないための対処法について説明します。

①現金化業者を利用する前に数社に問い合わせて比較する

クレジットカード現金化業者を利用する時には、サイトを見てすぐに決めるのではなく複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

実際の換金率が見積もりを依頼したら思っていたよりもかなり低かったというパターンは多いです。

複数の現金化業者の見積もり結果を比較した上で、納得のいく換金率で現金化できる業者を選ぶことが大切です。

②「クレジットカード事故0件」の現金化業者を選ぶ

長年の実績のある優良現金化業者であれば、クレジットカード現金化の際のトラブルを防ぐ対策を万全に行っているので、安心して利用することができます。

安全性に自信を持っている現金化業者は、公式サイトで「クレジットカード事故0件」という記載をしています。

また、口コミでもそのようなトラブルの情報がない業者なら、カード利用停止などのリスクはきわめて低いでしょう。

③後から自宅に商品が届かない現金化業者を選ぶ

キャッシュバック方式のサービスを提供しているクレジットカード現金化業者では、後日購入した商品が自宅に届いてしまいます。

このことが理由で家族に怪しまれたり、最悪クレジットカード現金化業者を利用したことがバレてしまいます。

キャッシュバック方式でも後日配達されない電子商材などを購入する現金化業者であれば、そのような失敗もありません。

また、商品買取方式のクレジットカード現金化業者なら、商品が自宅に届くことはないので、サービスの種類を確認してから利用しましょう。

現金化の「キャッシュバック方式」と「買取方式」の違いを解説!を見る

④ユーザーの口コミ評判のいい優良業者を選ぶ

クレジットカード現金化業者のサイトを見ただけでは、いい宣伝ばかりなので本当に信頼できる業者なのかを判断することはできません。

実際に利用した人たちのリアルな口コミを見れば参考になる情報が多く、優良業者なのかどうかがわかります。

クレジットカード現金化で失敗しないためには、利用者の口コミが多く、かつ評判の良い現金化業者を選ぶことをおすすめします。

クレジットカード現金化の口コミサイトの信憑性は?口コミを活用するテクニック

⑤計画的に無理のない金額で利用する

ショッピング枠の範囲内ならいくらでも現金化できるからといって、あまりにも高額の利用をすると、返済をするのが困難になります。

給料日が来たら自分がどのくらいの金額までなら返済できるのかをよく考えた上で、利用する金額の上限をしっかり決めておくことが大切です。

利用したタイミングにもよりますが、早ければ翌月に一括で請求が来ることになるので、全額返済できるよう計画的に利用しましょう。

⑥現金化をしたことは伏せてカード会社に返済計画の相談をする

クレジットカードを使いすぎて返済が難しくなった時には、カード会社に返済計画の相談をしたり、債務整理を行うことで解決することができます。

しかし、その際にクレジットカード現金化を行っていたことがカード会社に知られてしまうと、規約違反となり対応を断られてしまう可能性があります。

解決方法がなくなると困るので、カード会社に返済計画などの相談をする場合は、現金化したことは伝えないようにしてください。

⑦クレジットカード現金化の仕組みをよく理解する

クレジットカード現金化の仕組みをよく理解しないまま、現金が簡単に入手できるからと安易に利用すると、後から想定外のことが起こり後悔することがあります。

クレジットカード現金化業者を利用する際には、サービスの仕組みを公式サイトでしっかり確認するとともに、担当者に問い合わせて納得のいく説明をしてもらいましょう。

その際の対応の丁寧さも、優良な現金化業者かを判断するポイントとなります。

クレジットカード現金化のやり方!仕組み・流れを解説を見る

クレジットカード現金化で後悔しないためには対策が必要

以上、クレジットカード現金化をして後悔する人ってどんな人?特徴と対処法について解説しました。

クレジットカード現金化は困った時に便利な手段ではありますが、注意点も多く、よく理解しないまま利用するとさまざまな後悔をすることになります。

この記事で説明したような対策を行うことで、クレジットカード現金化での後悔や失敗を未然に防いでください。

  • この記事を書いた人
高橋 直樹

高橋 直樹

43歳の元ギャンブラー。お金に困った時に役立つ情報をブログで配信!今月ピンチな場面で役立つクレジットカード現金化について詳しく解説!様々な現金化業者を実際に利用し、忖度なしで辛口で評価!利用者目線で業者選びに役立つコンテンツを意識して記事を執筆しています。

-現金化の注意点

高還元率の優良店
【公式】アーク(Arrk)
24時間365日対応!※クレジットカード以外はご使用できません