【最新】後払いアプリ一覧!審査なし後払い決済アプリ・サービスおすすめ10選(2022年度)

後払いアプリはクレジットカードよりも便利だと注目されている決済システムです。そこで今回は後払いアプリのメリット・デメリットを初心者のために解説します。

後払いアプリを使った現金化についても触れるので、手軽にできる資金調達方法を知りたい方も、ぜひ参考にしてください。

最新!審査なし入金不要の後払いアプリおすすめ一覧

おすすめは次の10サービス

①バンドルカード

公式:https://vandle.jp/

手数料510円~
利用限度額3,000円~50,000円
支払い方法コンビニ払い・ネット銀行・銀行ATM
ここがおすすめ

バンドルカードはアプリとリアルカードの両方で利用できる便利なプリペイドカードです。

VISAブランドなので日本国内はもちろん海外でも利用できます。

後払いアプリは1回の利用で最大50,000円までと多くはありませんが、年齢制限が無いので未成年の方でも作れるところが魅力です。

アプリから簡単にカードの利用を停止できるので盗難にあってもすぐに対処できます。

②Kyash(キャッシュ)

公式:https://www.kyash.co/

手数料500円~1,800円
利用限度額3,000円~50,000円
支払い方法コンビニ払い
ここがおすすめ

Kyashには「イマすぐ入金」と呼ばれる後払い機能が付いています。

アプリから申請できるので、買い物に行った先で現金に困った場合などに活躍してくれます。

支払いは翌月の末日が期限で、それまではチャージ分で支払えます。

定額利用時の手数料が15%を超えているため、高額利用がおすすめです。

利用の際は支払い方法がコンビニのみなところに注意しましょう。

③Paidy(ペイディー)

公式:https://paidy.com/

手数料356円
利用限度額10,000円~30,000円
支払い方法コンビニ払い・口座振替・銀行振込
ここがおすすめ

ペイディーはAmazonをはじめとする70を超えるネットショップで支払いに使える決済サービスです。

利用を始めたばかりの頃は上限金額が10,000円なので少し頼りないですが、利用実績によって限度額が上がる仕組みがあるので、積極的に後払いするつもりの人なら、よりお得に利用できるでしょう。

④みんなの銀行

公式:https://www.minna-no-ginko.com/

手数料振込手数料110円~
利用限度額なし
支払い方法コンビニ払い・銀行振込
ここがおすすめ

みんなの銀行はキャンペーンが豊富です。

初めて利用する人なら入会時に1,000円を入金してくれるキャンペーンが受けられます。

特典を直接現金で受け取れる後払いサービスは少ないため、このキャンペーンだけでもお得感があります。

登録するためには身分証明書と、SMSが受信できる携帯さえ持っていれば大丈夫です。

⑤PayPay(ペイペイ)後払い

公式:https://paypay.ne.jp/guide/paylater/

手数料リボ払い時に金利18%
利用限度額25万円
支払い方法口座振替
ここがおすすめ

PayPay後払いは最大25万円まで利用できます。

利用額が多いためか審査で信用情報も調べられると言われています。

登録すると同時にアプリから利用するバーチャルカードが発行されるため、すぐに後払いの申請が可能です。

後払いの代金を口座振替で自動的に支払うと手数料が無料になる特典を受けられます。

⑥メルペイスマート払い

公式:https://help.jp.mercari.com/guide/articles/684/

手数料220円~880円
利用限度額30万円
支払い方法コンビニ払い・ATM・口座振替・メルペイへのチャージ
ここがおすすめ

メルペイスマート払いは後払いにしては珍しく分割払いが可能です。

定額の分割払いなので、毎月コンスタントに支払っています。

翌月の支払いの負担を減らしたいときに便利に使えます。

20歳以上は上限が30万円に設定されているため、後払いで受け取れる金額が少ないと感じることは滅多にないでしょう。

⑦後払いワイド

公式:https://www.pocketcard.co.jp/c-ato-wide/

手数料110円~(振込手数料)
利用限度額30万円(初回は10万円)
支払い方法コンビニ払い・口座振替・銀行振込
ここがおすすめ

後払いワイドは初回から最大10万円まで利用できるので、大きな買い物も可能な後払いアプリです。

分割払いに加えてリボ払いにも対応しているので、他の後払いサービスよりも月々の支払いを軽くできます。

初回利用では振込手数料を含めた全ての手数料が無料になります。

少額利用でも100%近い換金率で利用できるでしょう。

⑧NP後払い

公式:https://np-atobarai.jp/

手数料200円
利用限度額55,000円
支払い方法コンビニ払い・銀行振込・LINE Pay・郵便局
ここがおすすめ

NP後払いはネットショップで幅広く支払いに使えます。

公式が公表しているだけでも6,900店舗で利用可能です。

限度額は最大55,000円となっていますが、利用するショップによって微妙に異なるため利用の際は店舗に確認しましょう。

審査は後払いを申請するたびに行われますが、数分で終わるので気になることはありません。

4つの支払い方法に対応しているため、延滞リスクは低いです。

⑨atone(アトネ)

公式:https://atone.be/

手数料190円~
利用限度額50,000円
支払い方法口座振替・コンビニ払い・電子コード決済
ここがおすすめ

アトネはQoo10・めちゃコミック・まんが王国といったコミック販売サイトで利用できます。

手数料は銀行振込をした場合のみ発生します。

コミックのような少額決済をどれだけ繰り返しても手数料がかかりません。

口座振替で支払うと支払い期限が翌月の27日になる特典付きです。

簡単に利用履歴を確認できるため、計画的に利用できるでしょう。

⑩B/43(ビーヨンサン)

公式:https://b43.jp/

手数料500円~1800円
利用限度額3,000円~
支払い方法コンビニ払い
ここがおすすめ

B/43は申し込みの後に届くリアルカードを使って買い物をします。

後払いチャージはアプリで可能ですが、支払いにはリアルカードが必要になります。

カードが無いと利用できないため、従来のクレジットカードなどに慣れている方には使いやすいでしょう。

支払いは翌月末までにコンビニ払いで行います。

チャージした金額をコンビニATMで出金することも可能です。

審査なし後払いアプリとは?

後払いアプリはPayPayのようにチャージして利用するタイプの電子決済アプリです。

従来の電子決済アプリはチャージするのにクレジットカードや銀行振込、コンビニ決済などを利用しましたが、後払いアプリでは後払いを使えます。

後払いは支払いを1ヶ月~2ヶ月ほど先延ばしできるので、お金が無くてもチャージできます。

チャージした分で商品やサービスの購入ができるため、手持ちのお金が少ない時の金策としても活用可能です。

利用の際の審査も厳しくないため、クレジットカードよりも幅広い人が利用できるでしょう。

後払いアプリのメリット4つ

後払いのメリットは次の4つ

①持ち合わせが無くても支払いができる

後払いアプリの人気に火が付いたのは、持ち合わせが無くてもショッピングなどの支払いができるためです。

カードローンやクレジットカード現金化のように現金を受け取ることはできませんが、チャージ分を使って日本各地の店舗やネットショップで買い物ができます。

PayPayのような大手が提供している後払い機能付きアプリを使えば、様々な支払いに活用できるでしょう。

どれだけ利用しても利息を請求されることがないため安心感もあります。

②審査が厳しくない

審査が従来の資金調達方法に比べて厳しくありません。

後払いの利用を申請すると毎回審査が行われますが、5分とかからず審査が終わります。

クレジットカード現金化で5分で入金と聞くと「それは無理なんじゃ…」と思いますが、後払いアプリは本当に5分程度でチャージが完了します。

現金とチャージの差はありますが、支払いに利用できる点は同じです。

実質現金のように扱えるのに、申請から5分で支払いに使えるのは驚異的なスピードです。

さらに電話を使った勤め先への在籍確認もありません。

支払い能力を審査されないのでクレジットカードやカードローンのブラックリストに入っていても使えるでしょう。

③商品の支払いは1ヶ月以上遅らせることができる

後払いアプリでチャージした場合、チャージ代金の支払いは1ヶ月~2ヶ月後になります。

デビットカードのように即座の支払いにならないため、財布や銀行口座が空でも支払いができます。

支払いを遅らせることができるため、手持ちの現金を確保するために後払いアプリを使って、お金に困っている時期を乗り越えられるでしょう。

サービスによっては2ヶ月支払いを待ってもらえるので、支払い期日は必ず確認しましょう。

④クレジットカードの審査に落ちる人でも使える

後払いアプリは入会に際して厳しい審査を行わいません。

資金提供サービスで一般的な支払い能力の審査すらありません。

後払いアプリで行われる審査の詳細は分かっていませんが、わずか5分足らずの調査なので、申し込み内容から年齢確認や本人確認を行っていると思われます。

いずれにせよ後払いアプリの審査で落ちることは滅多にありません。

支払いに利用できるサービスを探しているなら、ぜひお試しください。

後払いアプリの気をつけたいデメリット

注意するべきデメリットは次の3つ

利用限度額が少額なものが多い

後払いアプリの利用限度額は5万円程度のものが多く、大きな買い物には向きません。

いくつか10万円以上利用できるものもありますが、手数料が大きいので支払い負担が無視できません。

限度額が大きい後払いアプリでも、分割払いやリボ払いを選べないために翌月の支払いが重荷になるケースもあるようです。

また、最初から大きい金額を利用できない場合もあります。

後払いアプリは少額利用が基本と覚えておいてください。

申し込んだその日にチャージが確認できないこともある

後払いを使ったチャージには色々な制限があるため、利用条件を全てクリアしないと申し込んだその日にチャージを確認できない場合もあります。

代表的なチャージできないケースは返済を忘れているケースです。

前回の利用分を全額返済していないために、新規のチャージができない状態になっています。

引っ越しなどで個人情報が変わったのに、それを反映していないためにチャージができないケースもあります。

個人情報は常に最新のものを登録しておきましょう。

10%以上の手数料がかかることも

利用する後払いアプリによっては手数料を取られることがあります。

手数料は利用額に反比例することが多く、利用額が増えると3%程度の少ない手数料で済みますが、1万円以下だと10%以上取られるケースもあります。

手数料を減らすには高額利用がおすすめですが、翌月の支払いに困らないよう計画的に使いましょう。

現金化のやり方を間違うと後払いアプリが使えなくなるリスクについて

後払いアプリは現金化にも利用できます。

後払いアプリで商品を購入して、それをネットやフリマアプリで売るだけで簡単に現金化が可能です。

しかし、購入した商品に関する情報が運営会社に伝わる場合があるため、換金性の高い商品を購入すると現金化がバレてアカウント停止になる危険性があります。

また、利用額が大きすぎて支払えずに延滞し、利用できなくなるケースもあります。

安全に後払いアプリを現金化するなら専門の業者を活用しましょう。

アプリ運営会社にバレないように配慮してくれるので安全に現金化できます。

後払いアプリを選び方で大事なポイント

後払いアプリを選ぶときは次の3つに注意が必要です。

ひと目で使い方が分かる

頻繁に使うことになるアプリですから、利便性が高いものを選びましょう。

アプリの画面をひと目見て使い方が瞬時に分かるくらいシンプルで使い勝手がいいアプリがおすすめです。

使い方を解説する動画を見ないと、後払いのやり方が分からないようなアプリは避けましょう。

使い方が複雑だと何度も解説動画を見る羽目になります。

手数料が安い

お得に使いたいなら手数料の金額を必ず確認しましょう。

後払いアプリの手数料は利用するたびに請求されるので、手数料が高いとそれだけ受け取れる金額が減ります。

利用額が50,000円だとすると、手数料が5%の場合2,500円請求されます。

3%なら1,500円です。

わずか2%でもこれだけの差が出るので、手数料に関しては少し神経質に取り扱うことをおすすめします。

利用可能なショップが豊富

後払いアプリは現金ではありません。

決済アプリの一種ですから、アプリが対応していないお店では使えません。

使いやすい後払いアプリを望むなら、対応しているお店が多いものを選んでください。

大手企業が提供している後払いアプリは豊富なお店で利用できる傾向があります。

まずは大手の後払いアプリを検討してみて、手数料や使えるお店に満足できるか調べてみるといいでしょう。

後払いアプリを使った現金化の手順・現金化の流れ

セルフで現金化する手順

セルフで現金化する場合は商材を購入する場所選びが重要です。

PayPayならYahooショッピング、楽天Payなら楽天市場を活用しましょう。

後払いアプリを提供している企業が運営しているネットショップで購入すれば通常よりも高い還元率になるため、実質換金率がアップします。

商品を売る場合も同様に関連企業のサービスを使ってください。

PayPayならヤフオクやPayPayフリマ、楽天Payはラクマです。

こうすることでポイントも入手できます。

後払いアプリに特化した業者で現金化する手順

業者を利用する場合は利用している後払いアプリにカード番号がついているか確認するところから始めてください。

番号がついている場合は商品の購入から売却まで一連の作業を業者が代行してくれるので、利用者は振込の連絡を待つだけで済みます。

即日で現金を入手できるでしょう。

カードに番号が無い場合は指定のネットショップで商品を購入して、それを業者に送る形になるので現金を受け取るまでに時間がかかります。

後払いアプリを使った人がよくする質問Q&A

審査に落ちる可能性はある?

入力情報に誤りがある場合や、本人確認書類に不備があると審査に落ちることがあります。

後払いアプリを換金すると犯罪になりますか?

払いアプリの現金化に違法性はありません。警察のお世話になることはないでしょう。

延滞するとどうなりますか?

後払いアプリが利用できなくなるのが一般的です。最初の延滞であれば支払いを済ませることで再び使えるようになるでしょう。

後払いアプリの現金化はバレますか?

業者を使った場合、情報は厳密に管理されるためバレることは滅多にありません。

分割やリボ払いに対応していますか?

基本的に対応していないと考えてください。支払いは銀行振込や口座振替、コンビニ決済になります。

週末や休みの日でも使えますか?

利用する銀行がモアタイムに対応していれば使える可能性が高いです。

まとめ:後払いアプリは便利だが注意して使う必要がある

後払いアプリはクレジットカードの審査に落ちる人でも利用でき、申し込んだその日に買い物に利用できます。

数ある決済システムのなかでも利便性が高いですが、支払いが一括なので延滞になりやすいです。十分にリスクに注意して使いましょう。

  • この記事を書いた人
高橋 直樹

高橋 直樹

43歳の元ギャンブラー。お金に困った時に役立つ情報をブログで配信!今月ピンチな場面で役立つクレジットカード現金化について詳しく解説!様々な現金化業者を実際に利用し、忖度なしで辛口で評価!利用者目線で業者選びに役立つコンテンツを意識して記事を執筆しています。

-後払い現金化

高還元率の優良店
【公式】アーク(Arrk)
24時間365日対応!※クレジットカード以外はご使用できません